スポンサーリンク

【EMS】韓国に日本のお菓子やインスタント食品を国際郵便で送るには?

お役たち
スポンサーリンク

안녕하세요〜!昨年から育てていた多肉植物のグラキリスが良い成長を見せていることに心躍るリリモン( @30karanokankoku )です。どんどん光合成して立派に成長して欲しいものです。

さて、本日は過去のブログでも取り上げた国際郵便EMSについて記事にしてみました。いわゆるハウツーブログでございますww

以前、韓国でお世話になっている知人の형(ヒョン)からインスタント食品やらお菓子やらをEMSで送ってもらったのでお返しをしようと思い立ったわけでございます。※형(ヒョン)親しみを込めた兄貴という意でございww

2020年4月下旬当時、韓国→日本へのEMSはコロナウイルスの関係で最大2ヶ月かかることもあると現地では脅されたらしいのですが実際は発送から2,3日で東京のわたくしリリモン宅まで到着致しました。※EMSは航空便ですが、2ヶ月もかかるならばもはや船便と変わりません笑

というわけで、今度は日本→韓国へEMSで郵送する場合はどうなのか、実際に検証も兼ねて試してみました。※ちなみに韓国のキョンギド(京畿道)までの郵送でございます。

これがEMS伝票だ

まずは、荷物を梱包する前に、写真のようなEMSの「物品用」の伝票を事前に郵便局で貰ってきました。郵便局に行けば無料で貰えるので、先に貰っておいて、書くものを書いておけば当日バタつかずに済むのでおすすめです。何か贈り物を考えている人はとりあえず先に伝票貰っておきましょう。

※残念ながらコンビニではもらえないので郵便局の営業時間中に行ってもらっておく必要があります。コロナの影響で短縮営業している郵便局がほとんどだと思いますので時間注意です!!リリモンは何度か郵便局まで行って閉まっていた経験ありです(笑)

ちなみに書類を送る際は伝票の種類が異なりますのでご注意あそばせ。書類を送る際の伝票は伝票の色が違い、下の伝票写真のように「書類用(Business Paper)」と記載されています。

EMSの書類用伝票です(日本郵便HPより

また、EMSは2020年5月現在、日本郵便株式会社がサービスを代行しており、コンビニからは発送できません。必ず郵便局窓口で集荷してもらいましょう。

EMS伝票の見方・書き方

次はEMS伝票の書き方についてです。

日本郵便HPの指示通り、1~3までを記入しておきましょう。

1~2の依頼主、お届け先住所はもちろん英語で記載します。※実は英語の他に「フランス語」と「届け先の言語」も可のようですが、読み取りエラーの発生等考えるとよほどのことがない限り英語で記載するほうが無難だと思います。

EMSの伝票です(日本郵便HPより

注意すべきは3ですが、商業目的でなく個人で利用するものである場合は「Personal Use」と書いたうえで具体的な品名記載するように日本郵便HPでは記載されてますが、わたくしは「Personal Use」の文言を書き忘れてしまいました汗 が、品名だけでも受理してくれました(ホッ)。

Aの品名は、わたくしはお菓子やインスタントラーメンだけでしたのでA「Instant Food」とひっくるめて記載しました。特に問題なかったですが、X線検査で全く記載内容と異なるものが含まれていた場合止められる可能性もあるので、ひっくるめて記載する際は無理がない範囲でよろしくおねがいします笑

BのHSコードは特に記載せずに問題ないです。というのも商業用の物品(商品)である場合のみ記入する必要があるので、プレゼント・贈り物であれば記載は不要です。

Cは個数を数えてきちんと記載しましょう。金額は大体の金額で問題ないです。日本円に換算しましょう。もし、市販のものでない場合は、そのものが市販で販売される際の妥当な金額を見積もって書けばOKです。

Dは個人間の贈り物である場合は「贈物」にチェックを入れるだけでOKです。

Eは20,000円を超える損害補償を希望される場合にはその金額を記入してください。贈り物程度の場合は特に気にしないでOKです。

最後に、日本円換算の合計金額を書いておけばほぼ完了です!あとは箱に貼って持っていくだけ!

あ、Fのサインは忘れずにですよ!!

※箱が2箱以上になる際は1/2、2/2など何個中の何箱目かを記載しましょう。

注意!!あなたの贈り物、総額おいくら万円!?

EMSや国際小包を使って海外へ荷物を送る場合には、送り先の国によってはEMSまたは国際小包ラベル以外にインボイスなども必要となります。

韓国は対象ではないのでインボイスの作成は不要なのですが、例外として、20万円以上の物を海外へ送る際には(または逆に海外から日本へ送ってもらう場合も)税関への申告と許可が必要になります。

一般的には20万円以上の贈り物はあまりないかと思いますが、万が一高価なものを送る際は20万円を越えないようにしたほうがよさそうです。

本記事はただの日本食の贈り物なので20万円を下回るパターンで書かせていただいております。※需要があればいつか書きます(笑)

韓国までのEMS料金表

このEMSサービスは韓国のみならず世界120ヶ国以上の国々に手軽早く荷物を発送できることがメリットなのですが、ひとつ難点があるとするならば「高い」ことが挙げられます。

料金は重量ごとに以下のように設定されており、MAXで30KGまでになっております。ずばりシンプルです…!!…シンプルですが、100グラム~単位で結構料金がシビアに変わってきますので、重量が減らせるのであればなるべく減らして発送しましょう。金額に結構差がでます。郵便局の窓口で重量を量りますが、自宅で量れるのであれば量っておいて大体の金額を支払う準備をしておきましょう。支払いは現金のみでクレジットカードは不可ですので、キャッシュレス民は注意です!!

重量料金 重量料金
500gまで1,400円 10.0kgまで10,500円
600gまで1,540円 11.0kgまで11,300円
700gまで1,680円 12.0kgまで12,100円
800gまで1,820円 13.0kgまで12,900円
900gまで1,960円 14.0kgまで13,700円
1.0kgまで2,100円 15.0kgまで14,500円
1.25kgまで2,400円 16.0kgまで15,300円
1.5kgまで2,700円 17.0kgまで16,100円
1.75kgまで3,000円 18.0kgまで16,900円
2.0kgまで3,300円 19.0kgまで17,700円
2.5kgまで3,800円 20.0kgまで18,500円
3.0kgまで4,300円 21.0kgまで19,300円
3.5kgまで4,800円 22.0kgまで20,100円
4.0kgまで5,300円 23.0kgまで20,900円
4.5kgまで5,800円 24.0kgまで21,700円
5.0kgまで6,300円 25.0kgまで22,500円
5.5kgまで6,800円 26.0kgまで23,300円
6.0kgまで7,300円 27.0kgまで24,100円
7.0kgまで8,100円 28.0kgまで24,900円
8.0kgまで8,900円 29.0kgまで25,700円
9.0kgまで9,700円 30.0kgまで26,500円

ちなみにわたくしリリモンは特に重量意識もせず梱包してしまい、合計3.8KGで¥5,300-の送料がかかりました。2,000円いかないくらいだろうと勝手に思ってたので会計時びっくりしましたがこればかりはしょうがないですね(苦笑)。

実際に韓国に届くまで何日かかるのか…

EMSのメリットは手軽に早く海外へ荷物を送れることだと思うのですが、コロナの影響で本来2,3日で送れるものが輸送に1ヶ月もかかってしまうとちょっとEMSは考えものです。まぁこの状況を考えるとしょうがないっちゃしょうがないのですが。。船便だともっとかかるんでしょうね。

今回は、2020年5月26日(火)に郵便局から発送したので、韓国の京畿道まで実際何日かかったか判明しましたら追記致します。

以前韓国から送ってもらった際は最大2ヶ月かかると言われていたにも関わらず実際は2,3日で到着したので、2020年5月下旬の現時点では貨物の日韓間の輸送についてはそれほど影響が出ていないのかもしれません。どうなることやら…

送ってもらった時の箱をそのまま使って送り返すスタイルww

ちなみに、韓国人の형(ヒョン)からの熱烈なリクエストは皆様おなじみのセブンイレブン限定「蒙古タンメン中本」のカップラーメンでございましたwww

過去に一度プレゼントしてみたことがあるのですが、韓国のどちらかというと簡素な印象のカップラーメンと比べると、中本のカップラーメンは非常に濃厚で辛さの種類も若干違うみたいで大変気に入ってましたww

韓国人の友達になにかお土産を贈ろうと思っている方は是非中本のカップラーメンをお試しください。もちろん韓国のセブンイレブンには取り扱いはないとのことです(笑)。

意外と喜ばれそうな日本の食品って難しくて、ジャパニーズウィスキーでも贈ってあげようかと思ったのですがEMSではアルコール類は送れませんのでお気をつけあそばせ!!(笑)

結局、歌舞伎揚げやハッピーターンなど無難なお菓子をいくつか見繕って同梱しましたww 韓国人には何が喜ばれるんだろうか。。検証してみる価値はあるかもww

それでは오늘은 여기까지!!


韓国ランキング←読み終わったらポチリと1クリックお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村←こちらもポチリとお願いします(懇願)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました