【韓国ドラマ】Netflix全盛の今だからこそ『ミセン』を観よう!!

映画・ドラマ

안녕하세요〜!リリモン( @30karanokankoku )です。最近お酒が弱くなってきたのを肌で感じ地味にショックを受けています…。次の日がきつすぎる…。

さて、本日は韓国ドラマについて小話を少々…。

最近のわたくしリリモンですが、昨今大流行中の『愛の不時着』や『梨泰院クラス』といったNetflixオリジナルの話題の韓国ドラマも一通り見終わり、Netflix一強時代の到来をひしひしと感じている今日この頃でございます。LLNといい、すごい時代になりました…。

次のドラマを見るまで一旦しばし小休止…と思っていた矢先、あのドラマをまだ観終えていないことを思い出してしまいました。

そう、미생(ミセン)ー未生ーです。

前はNetflixでも見ることができたと思うのですが、2020年9月現在はAmazonPrimeで全話を見ることができます!(他のサービスでも見れるかもしれません)

「ミセン-未生-」日本版予告編

以前のブログでもチラッと取り上げたことはあったのですが、実はあまりにもこのドラマが良すぎて最終話を見たくない(=終わらせたくない)あまり、ラスト数話を敢えて見ないでとっておいたんです。笑 

ミセンは現地放送は2014年なので少し前のドラマではあるのですが、『梨泰院クラス』や『愛の不時着』に代表されるNetflixオリジナル韓国ドラマブームにすこし逆行して、今だからこそ(ネタバレしない程度に)取り上げてみたいと思います。

※ブログ内の写真は全てミセン公式HPからのものです。

ミセンってどんなドラマ!?

簡単に言うとミセンは仕事(職業)ドラマです。

家庭の事情で囲碁の夢を諦め、アルバイトに明け暮れていた心優しき主人公のチャン・グレがたまたまあったコネで大手総合商社のインターンに入るというもの。

主人公のチャン・グレ

今まで囲碁しかしてこなかった社会経験無しの若者がある日突然スーツを着て大手総合商社のオフィスに飛び込むもんなので使い物にならないのなんのって…見てるこっちまでが切なくなるレベルww。

しかも一足先にインターンに採用された同期達は超有名大学出身で外国語もペラペラのスーパーエリート達ときたもんだからさぁ大変!!ネクタイすら自分で締められないグレにとってはここでサバイブするのは間違いなく無謀…

…と、普通は思うじゃないですか!?

見どころ① 主人公は元囲碁の達人だが特殊能力と言えるほどではない

個人的にはこのドラマの大きなテーマの一つに『問題解決力』があげられると思います。

例えば、入社初日の右も左も分からない状態でいきなりロシア語の電話がかかってきたら皆さまはどうします!?リリモンならソッと切ります(爆)

そのような自分に次々と襲いかかる様々な問題、無理難題に対して、自分で考えて行動して解決していく能力、そうあのケイスケ・ホンダが常々言っているような社会をサバイブしていく上で一番重要な能力…その能力を呼び起こし、発揮し、自分自身で道を切り開いていくという壮大なテーマがこのドラマの根底にあります、違うか(笑)いや、違わない(反語)!

主人公のチャン・グレは確かに囲碁の腕がプロ級で将来を有望視されていたという設定ですが、このドラマはひと目見たものを一瞬で全て覚えたり、逆に記憶喪失になったり(笑)、時空を越えたりと韓国ドラマにありがちなファンタジー要素は一切なく、あくまでも超現実的な生身の人間が題材です。

囲碁で培ってきた能力ははあくまでも問題解決のための間接的なエッセンスであり、あらゆる問題を囲碁になぞらえてスパッと解決!イェイ!みたいなシンプルな話しは決してございません。

ちゃんと、プレゼンや営業で、あくまで仕事で見返していくんです!!

この逆に韓国ドラマっぽくないリアル過ぎる設定が、逆にめちゃくちゃおもしろいんです!(逆逆うるさいww)

見どころ② 超魅力的な同僚・上司たち

数々の問題を自分で切り開く(=解決する)のですが、もちろんグレ一人では限界があります。

このドラマの最大の魅力の一つである同僚上司たち。彼ら彼女らのキャラクターが本当に素晴らしいのです。同僚や上司たちに囲まれて、時には傷つけ合いながらも人間臭さ全開で協力しながら問題に挑んでいきます。

また、たくさんの人物が出てきますが、他のドラマと違ってそこまで複雑な人間関係はなく、登場人物たちの相関関係がすんなりと頭に入ってくるのもポイントです。

とくに覚えてほしいのがグレととても親密な繋がりとなる営業3課のメンバー。

営業3課

このメンバーが最高すぎてもう、最高すぎるんです(語彙力)

仕事にはめちゃクソ厳しいけどいつも部下のことを思いやっt…

多くは語りません。まず、見てください!(笑)

見どころ③ えげつないパワハラ・セクハラ、社内不正が妙にリアル

世間は『半沢直樹』で絶賛盛り上がっていますが、韓国の仕事系ドラマだって負けてはいないです!!(と言っても半沢直樹まだ見たことないんですが笑)

ミセンだって負けないくらいパワハラ・セクハラ、不正などのオンパレードです!!(笑)本当にこんな会社があったらスーパーブラック企業かも(笑)

しかも超学歴社会と言われる韓国。グレの働く総合商社はエリート達のオールスターズですが、そんな中で高卒のグレに対する目はまさに冷酷そのもの。

もうね、完全にスイミー、スイミー状態ですよ、グレは。このドラマはもうスイミーを擬人化した実写版です(違う)。

とはいえ、実際におこるハラスメントや不正は絶妙なラインで現実的で、実際に日本社会でもあってもおかしくないレベル。もちろんドラマなので誇張されているとおもいますが(みんな大声で怒鳴りすぎww)このリアルさが、もしかすると「こんなムカつく上司いるわぁ」とか「ニュースでたまに見るやつ!」と見る人の共感を生んだのかもしれません。※と言ったものの、このハラスメントに打ち勝っていくストーリー自体を美談にしてはいけません。我々がもし当事者になった場合は速やかに監査や法律事務所にチクりましょうww

ラストは鳥肌もの

そんなミセンですが、シーズン1ポッキリ全20話です。梨泰院クラスや愛の不時着が全16話なのでそれらに比べてもかなりのボリューム感。

ただ、このボリューム感が入社当初のグレの姿を思い起こさせ、回が進むごとに感慨深くなっていくのです。いつの間にかなんて成長したんだと、、、もう気分は完全に親戚のおじさん状態です。

特に、様々な伏線が一気に回収されていくラストは、わたくしリリモンだいぶ鳥肌が立ちっぱなしでした。。。

ちなみに、ドラマタイトルである「ミセン」という意味もあえてググらずに見ることを個人的にはおすすめします。

如何でしたでしょうか。わたくしリリモンのイチオシの韓国ドラマ、ミセン。最近話題の韓国ドラマを見つくしちゃったよって方は少し前ですがまだまだミセンのような素敵な作品に出会えるかもしれませんよ。愛の不時着ももちろんめっちゃくちゃ面白かったですが、わたくしリリモンのなかではミセンがぶっちぎりの1位です。おそらくいつまでも…。※ちなみに好きな映画1位はインド映画の『きっとうまくいく』(笑)

アマゾンプライムに加入している方は是非観てみてください!

それでは、오늘은 여기까지!


韓国語ランキングポチッと押すだけです!応援お願いします! にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村←こちらも是非お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました