スポンサーリンク

【今日もGatti】韓国系YouTuberの韓国語勉強のコツを検証してみた

勉強
スポンサーリンク

안녕하세요〜!韓国関連のYouTuberの韓国語勉強方法を観るのが最近の趣味のリリモン( @30karanokankoku )です。←観るだけ(コラ)

さて、冒頭のお馴染みの(?)出だし通り、わたくしリリモン、最近めっちゃYouTubeを観ています。今に始まったことではないのですが、リリモンの家にはテレビを置いていないので必然的に情報のほとんどをインターネットを通じて得ています。

特に韓国に関する情報の80%くらいはYouTubeから得ていると思います(リアルに)。今はコロナのせいで韓国に簡単にいけないので、韓国系ブログを立ち上げてすぐ韓国に行けなくなったリリモンにはYouTubeの情報は本当に貴重です(笑)。にしてもブログ立ち上げのタイミング悪い…。

まだまだ韓国語を本格的に勉強し始めて1年弱くらいのわたくしですが、最近は韓国系YouTuberのチャンネルを漁ってはこのYouTuberはどうやって韓国語を勉強したんだろうと研究に励む日々を送っています。←いや勉強方法ばっかり見てないで勉強しろよっていうツッコミはご堪忍をww

というわけで、本日はリリモンお気に入りの韓国系YouTuberから韓国語上達のコツを探るべく独断と偏見まみれで検証していきたいと思います!!※もしかしたらシリーズ化するかも!?(笑)

今日もGattiとは

本日紹介するのは「今日もGatti」というYouTubeチャンネルです。

韓国好きの方は御存知の方も多いと思いますが「今日もGatti」のサラさんは最近チャンネル登録者数が20万人を超えた人気のYouTuberです。実はわたくしはひょんなことから最近このチャンネルを知りました(関連動画ででてきたやつねww)ちなみに、GattiはDJしているときの名前だそうですww

【Official MV】 Gatti-Better Day feat. EK
YouTuberでもありDJでもありと多彩です(笑)

まず、驚きだったのがサラさんは韓国在住の韓国人だということでした!「いや、韓国人なら韓国語喋れて当然でしょ?」って普通は思うじゃないですか?

でも、違うんですよ。グローバリゼーションが進む昨今、もうそんな時代は変わりつつあってついにそれをYouTuberとして体現する方が現れたな!っていうのがリリモンの最初の感想でした(何様)。

【超本格!!】家庭で簡単にキムチ作ってみよう〜【下ごしらえ編】
兄のリー君もYouTuberで兄のチャンネルでもオンマが大活躍です(笑)

というのも、あんまりYouTuberの方々のプライベートなことをとやかく言いたくはないのですが、サラさんは親の仕事の関係で中学生まで日本に住んでいたとのことで、韓国に引っ越すことになった際は韓国語が全くできなかったとのこと。今では韓国語のほうが得意なようですが、日本語も本当に上手です。兄のリー君に至っては日本語の方がネイティブなんじゃないかってほどです。

「今日もGatti」をご覧になるとよく分かると思いますが、サラさんのお母さん(オンマ)は韓国語ネイティブの韓国人で日本語も少し喋れます。ですが、お母さんが韓国人だからといって子どもたちが韓国語を喋れるとは限らないんですね。では家庭内では、、、

・・・おっとすいません。大学院生のときのこの手の研究をしていたのでついつい語ってしまいそうになりましたww ※しかもちょうどYouTube内の広告CMでロバートキヨサキが「日本語は喋れない」っておどけて喋ってる姿が流れてそういう時代になってきたんだなぁとシミジミww

韓国在住の日本人が韓国を紹介するYouTubeチャンネルは多くありますが、「今日もGatti」みたいに韓国人が日本語で韓国の生活を紹介するYouTubeチャンネルって結構珍しいと思います。※他にもあったら是非教えてください。

生活感溢れる日常と、THE・韓国のオンマって感じのお母様、破天荒な兄等々、見どころが多く韓国でのリアルな生活をVlog感覚で見ることが出来てめちゃくちゃハマってます(笑)。

「今日もGatti」のサラさんの韓国語勉強方法

韓国語を勉強するよりも韓国語の勉強方法ばかりを調べている(勉強しろw)リリモンにとってサラさんは一体どうやって勉強していたのか非常に興味深かったのですが、そんな「今日もGatti」のサラさんの韓国語勉強法ですがまずは↓の動画を見てみてください。

【韓国語/한국어】 '韓国語勉強方法' ・韓国語 習うにかかった時間 約3ヶ月

珍しくまじめに(超失礼ww)自分なりの韓国語勉強法を語ってくれています。

というわけで動画内でサラさんが大事だと思うと言っていた韓国語勉強法をリリモンが勝手にざっとまとめてみました。

・韓国語の文法をちょこっと勉強する

サラさんにとって韓国語の文法を「ちょこっと」だけ勉強することがミソなようです。※このちょこっとがどの程度なのかは人それぞれですがww

というのも、御存知の通り韓国語の文法は日本語の文法とほとんど並びが同じであるため、日本語ネイティブの人にとって、韓国語の文法の勉強は程々にして、日本語の文章をそのまま韓国語に置き換えてみることのほうが大事だということです(多分ww)。

日本語の文章をそのまま韓国語に置き換えるためにはもちろんボキャブラリーの多さも重要なのですが、文法が非常に似ている言語だからこそできることですね。以前ブログでも紹介したスクールゾーンはしもさんなんかもルー大柴の韓国語バージョンで言葉遊び(ネタ)をしていたように、英語などの欧米諸国の言語よりも韓国語は日本語の文法のまま言葉を置き換えればいいだけ、と考えるとなんか簡単な気がしてきました!!(できるとは言ってない)

・(韓国の)バラエティー番組をたくさん見る

ここでも非常に興味深いことをサラさんが言っていました。

「(韓国のバラエティー番組は)重要なタイミングとか面白い言葉、大切な言葉は必ず字幕に出ます」

・・・確かに!!

これは日本のバラエティー番組でも同じと仰っていましたが、頭カチカチになった大人にとっては当たり前すぎて逆に気づかなかったかもしれません。。字幕に文字が出ていれば辞書でも探しやすいし、特に、面白い言い回しなんかは何度もバラエティー番組内で出てくるので覚えやすいとのことです。なるほどなぁ〜。

ドラマで覚える言葉よりバラエティー番組内の言葉のほうが実際の生活で使う言葉に近いということはリリモンも聞いたことがあります。変に癖のない言葉遣いを習得したいって方はドラマよりもバラエティー番組のほうがいいのかもしれませんね!

・日記を書く

サラさんにとって韓国語を「話す」ことよりも「書く」ことのほうが重要だったと言います。これは正直意外でした。

というのも、日本人に多いとよく言われているみたいですが「間違っていたらどうしよう」という謎の完璧主義が邪魔してなかなか外国語を話すことができないという現象です。サラさんも話し間違えたらどうしようというトラウマがあったようですが、逆にこれを逆手に取り書くことを重視したことで「話す前の心の準備」をしていたと言うのです。

それにしてもなんか、、親の仕事の関係で外国に引越ししちゃった子どもが現地で分からない言葉を必死に覚えようと子どもながらに努力してる姿が目に浮かんでおじさん涙腺が…(笑)。

特に韓国語で日記を書くことが何よりも役に立ったようで、しかも当時は韓国語がうまくかけなかったのでカタカナで韓国語の発音をそのまま書いていたとのことです。「今日は◯◯をした」を「オヌルン〇〇ヘッソ」と書くみたいに。

んで、自分ではじめに日本語で組み立てた「〜を食べた」っていう文章内の「食べる」という単語が分からなかったら「韓国語で食べるはなんだったっけ」と辞書を引いていたんだと。

すごい!!

子どもながらに言葉の分からない国でサバイブしていくために色々と考えながら工夫して勉強したんだなっていうことが伺えます。なんか感動しちゃいました(笑)いや、本当にリリモン(アラサー・会社員・男)も少しサラさんを見習います(反省)

まとめ

サラさんの勉強方法は学校教育が教えるような勉強方法ではないかもしれません。が、学校教育で教わる勉強法が必ずしも正解なわけはないですし、時にはそんな言葉ほとんど死語で使ってないなんてところもありますよね〜。サラさんのように子どもながらに子どもの自分が今一番必要なよく使う言葉や流行っている言葉を優先して覚えようとすることはとても合理的で上達への一番の近道なのかもしれません。

サラさんは3ヶ月くらいで韓国語が出来るようになったと言ってますが、韓国語能力0の状態で韓国に住むことになったので嫌でも韓国語のシャワーを浴びないといけない環境も影響したかもしれませんが、それでもすごいと思います。

実はもう一つ、韓国語を上達する上で一番役に立ったイベントがあったようなのですが、詳しくは動画内を観てみてくださいwwチャンネル登録、いいねボタンもよろしくお願いします(お前誰ww)。

それにしても韓国系YouTuberが100人いるとしたら100通りの勉強法があるんでしょうね!韓国系YouTuberがどうやって韓国語を習得したのか今後も調べていこうと思いました!いや、勉強法調べてないで勉強しr・・・

それでは、오늘은 여기까지!


韓国語ランキング←リリモンの更新頻度を上げるためにワンクリックだけお願いします! にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村←こちらもワンクリックだけ是非!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました