【間接話法】「リリモン韓国語の勉強やめるってよ」

勉強

안녕하세요〜!リリモン( @30karanokankoku )です。

タイトル名でびっくりされた方もいるかも知れませんが(いない)、もちろん冗談です。ご安心を。冗談というかタイトルの「リリモン韓国語の勉強やめるってよ」は現在リリモンが韓国語の勉強(中級)で苦戦している単元の「間接話法」の用法でございます。

話は脱線しますが、最近前回のTOPIKの不完全燃焼でようやく遅すぎるやる気スイッチが入ったのか隙間時間を見つけてはそれなりに勉強しています。今の語学学校のクラスは中級になったのですが中級になった瞬間、文章がめちゃくちゃ長くなったし単語量もだいぶ増えました。

※ちなみにリリモンの語学学校で使っている教材はDekiru出版の『改訂版 できる韓国語 中級I』を使っています。割と色んな学校で使っている教材みたいです。

このままじゃいかん…。

初級もままならないこの状態で中級に進んでいくとこれから先確実に詰む…。そのなかでも特に初級でリリモンを苦しめたのが他でもない・・・

間接話法、お前だよッ!!

リリモンの学校では間接話法は結構長い時間をとって勉強しました。わたくしと同じく間接話法で苦戦した人も多いのではないでしょうか?

あ、間接話法って簡単に言うと『桐島、部活やめるってよ』の映画タイトルの表現で使われてるやつです。いわゆる人から聞いた話とか情報なんかを目の前にいる相手に伝えるときの言い方ですね。

ちなみに観てはいない←

また、間接話法と言っても、疑問文、平叙文、命令文、勧誘文と大きく4つに分類されます。

ブログタイトルをもとに4種類に応用させてみると以下の通りです。

  1. 平叙文・・・「リリモンが韓国語の勉強をやめるってよ」
  2. 疑問文・・・「リリモンが韓国語の勉強をやめるのかってよ」
  3. 命令文・・・「リリモンが韓国語の勉強をやめろってよ」
  4. 勧誘文・・・「リリモンが韓国語の勉強をやめようってよ」

もちろん改めて日本語でまとめてみるとなんてことないんですが気づいたことが1点。日本語の場合、平叙文も疑問文も命令文も勧誘文も『リリモンが韓国語の勉強をやめ』までは固定で変化しませんね。「やめる」は動詞であり、この場合動詞の語幹は「やめ」なのであとは「やめ」に続く語を変えると意味が変わります。「やめろ」とか「やめよう」とかね。

一方で、韓国語の「やめる」は「그만두다」であり、語幹は「그만두」です。

はいはい、パターンね。

韓国語もね、日本語と文法(ほぼ)同じだからね。もう読めましたね。

リリモンの推理
リリモンの推理

疑問文だと「그만두요?でしょ、                

命令文だと「그만두になって、

勧誘文だと「그만두だから

間接話法は赤字の部分がポイントってことでしょ!!簡単簡単。

なのでどうせ例えば命令文の間接話法だと리리몬リリモン 한국어韓国語の 공부를勉強を 그만두라やめろ 해요ってよみたいな感じになるでしょう!!(해요が=「〜ってよ」になるかは自信ないけどまぁそんな雰囲気でしょ、どうせ)

そして正解がこれ↓ 

  1. 平叙文・・・「리리몬이 한국어 공부를 그만둔다고 해요」
  2. 疑問文・・・「리리몬이 한국어 공부를 그만두냐고 해요」
  3. 命令文・・・「리리몬이 한국어 공부를 그만두라고 해요」
  4. 勧誘文・・・「리리몬이 한국어 공부를 그만두자고 해요」

・・・。

韓国語版厚切りジェイ○ン

WHY KOREAN PEOPLE !?

全然ちがうやないかーい!!다고とか냐고とか라고とか자고ってなんやねん…許可なく登場してこないで…←

韓国語よ、ほとんど日本語と文法同じって言うてるのにこういう時は違い出してくるのやめてもらっていいかな?爆

というわけで現在、間接話法に大苦戦中でございます…。

なので自分の勉強のためのアウトプットとしてそれぞれ4種類の間接話法について次回以降のブログで少し深堀りしていこうと思います…。

ってな感じでちゃんと勉強してる感出してみましたw

それでは오늘은 여기까지!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました